ひととして、わたしには少し欠けている部分がある。
人間不信という、神経をもっていることだ。人間を信じられない、というのは基本的に駄目なタイプだと思う。とくに、男女とも人間不信であるもの、さらにひどいのが男性への人間不信であることです。

わたしには、過去に父親の浮気により母との離婚を経験しているのが一番の原因でもありました。今となっては、男性が信じられないためにむしろ、結婚への意識さえ持ち合わせいなかったのです。しかし、歳を重ねるごとに危機感を感じてしまい、ついに結婚への意識を持ちました。

が、なにからはじめていいのかわからない。それ以前に、男性との付き合いも生まれてから一度もなかったわたしには、婚活というものは厳しかったです。ですが、さまざまな婚活イベント参加することによって、男性との出会いを経験していくうちに、じぶん自身の不信感がだいぶ改善されてきたのです。荒技かもしれませんが、こういった方法もひとつの手なのだと感じてしまいました